自分の親しい方2人に続けて素晴らしい体験が出た「祈り合いの神想観」という行事〜「やまと練成会」参加レポート(パート3)〜

1
昨日の午前中は、再び「やまと練成会」という行事に参加してきました。

今回の場合は、自分がお誘いしている方を再びお連れするという目的もあったのですが、幸いにも先月と同様、2日目と3日目(最終日)に続けて参加することが出来ました。

昨日の午前9時頃に到着した時には、もう既に「祈り合いの神想観」という行事の事前説明(この行事の意義についての説明)が始まっていました。
これは、色々な問題を抱えていて祈ってもらいたいという人のために、大勢が心を合わせてその人の本当の姿を祈り合うというもの。

ここでは、祈ってもらいたいという人を前にし、祈りたいという人達が(その人と)向かい合って座るという形になります。
自分のことは少しも思わず、ただひたすら(祈ってもらいたいという)相手の幸福のために祈るという行事なのです。

さて、今回の「祈り合いの神想観」の前には、教化部長先生からの依頼により、先月の同行事内で祈っていただいた方(6月の「やまと練成会」に、お父さまと共に初めて参加してくださった方。)の喜びの体験(それまでは激しい胃の痛みにより、ほとんど食べられずに横になっていることが多かったのに、祈っていただいた後は、胃の調子がだいぶ良くなってきて、最初はお粥だけだったのが、次第に、おかずやおやつも食べられるようになるまでに食欲が戻ってきたという話。)を、皆さまの前でご報告させていただくことになりました。

それから、7月の「やまと練成会」にお誘いした時に参加してくださった方(今回お誘いしていた方。)が、同行事内で祈られる側の方に座って祈っていただいた後、2ヶ月ほどでその時の問題が解決したという喜びの体験も出ていましたので、当初は教化部長先生は、本人に直接喜びの報告をしてもらおうと考えていらっしゃったようなんですが、本人がなかなか到着しなかったこともあり、代わりに、予めその体験内容を聞かされていた私が、話を要約するという形でご報告させていただくことになりました。

なお、この行事で祈られる側に座られた方の中から、何人かに奇跡的な体験が起きることもあるというのは、私も以前から耳にしていたのですが、実際に自分の親しい方2人が続けて、そのような体験を得るということは、これまで無かったことですので、私も非常に驚いてしまいました。

なお、今回は、来月4日に開催される「青年会教区大会」という大きな行事の大盛会を祈っていただくことにしましたが、祈られる側には、青年会委員長を務める男子青年の方と、共に「生長の家青年会」で活動する後輩の女子青年の方も混じっていたので、やはり行事に対する気合いが半端ないなぁ〜と、思わず感じてしまいました。
でも、皆さまに祈っていただいたおかげで、先月の同行事終了後に得られた体験と同様、今回も「祈りは必ず成就する」という素晴らしさを感じることができるでしょう。

終了後は感想文記載となり、その後には、壇上にて決意発表をする時間が設けられましたので、先月と同じくトップバッターで発表することにしました。

まず冒頭に、昭和を代表する劇作家であり、脚本家でもある花登筺(はなと こばこ)先生の「泣くは人生、笑うは修業、勝つは根性」という人生訓に触れた後、その中から自分が指針としている「笑うは修業」という言葉について、自分が感じたことを交えながら、「“笑うは修業”の言葉の如く、嬉しい時や楽しい時に笑うだけでなく、大変な時にこそ笑うことを忘れずにいれば、運命も好転するはずなので、今後も“笑うは修業”という言葉をモットーとしていき、なおかつ“笑うは愛行”と称して、多くの人を笑いの渦に巻き込みながら、明るさと笑顔を提供していくことにします。」といった発表をさせていただきました。(いやぁ〜、今回も一番乗りで大いに盛り上げられて、最高に嬉しかったですが、それにしても、30代の私が花登筺(はなと こばこ)先生の名前を知っていたことに、皆さまビックリされたんじゃないかなぁ〜?)


その後は閉会式、そして終了後には参加者1人1人と「また次回も、ここに来ましょう!!」と誓いの握手をした後、“一汁一飯”(文字どおり、ご飯と味噌汁だけ。)の昼食を頂いたのですが、お誘いしていた方は閉会式ギリギリで到着し、何とか間に合ったので、受付の方のお計らいにより、昼食も食べていただくことが出来て良かったです。

なお、一昨年から教区練成会の開催は年6回までとなったことから、次回の練成会が開催されるのは年明け以降となるのが残念ですが、昨年4月に5年ぶりの「やまと練成会」カムバックを果たすまでに、再び練成会に参加する喜びを味わうようになった私も、来年度の開催を楽しみに待ちながら、また多くの方をお誘いしていきます!!

私ハッスル・レディーと、多くの参加者の方に祈っていただいたおかげで、自分の親しい方2人に続けて素晴らしい体験が出た「祈り合いの神想観」という行事との、素晴らしき出会いに…乾杯!!

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PR
selected entries
archives
recent comment
  • 実録・オンナの体験談「嵐の如き日々なりき〜台風21号がもたらした怒濤のご近所トラブル被害(前編)〜」
    ハッスル・レディー (10/14)
  • 実録・オンナの体験談「嵐の如き日々なりき〜台風21号がもたらした怒濤のご近所トラブル被害(前編)〜」
    ケンイチ (10/13)
  • 祈っていただいて大安心な「祈り合いの神想観」〜「やまと練成会」参加レポート(パート3)〜
    ハッスル・レディー (09/19)
  • 祈っていただいて大安心な「祈り合いの神想観」〜「やまと練成会」参加レポート(パート3)〜
    ケンイチ (09/19)
  • 単発ブログエッセイ「ハッスルばあちゃんのマル秘エピソード〜自分と同い年・同学年のスターが仰山おるねんで!!〜」
    ハッスル・レディー (08/20)
  • 単発ブログエッセイ「ハッスルばあちゃんのマル秘エピソード〜自分と同い年・同学年のスターが仰山おるねんで!!〜」
    omachi (08/19)
  • あの日から2年…入院というアクシデントに見舞われた一昨年の夏
    ハッスル・レディー (08/08)
  • あの日から2年…入院というアクシデントに見舞われた一昨年の夏
    ケンイチ (08/08)
  • 実録・オンナの体験談「7日間の“巧妙型”ネット狂騒曲〜それは、1通の間違いメールから始まった〜」(後編)
    ハッスル・レディー (07/10)
  • 実録・オンナの体験談「7日間の“巧妙型”ネット狂騒曲〜それは、1通の間違いメールから始まった〜」(後編)
    ケンイチ (07/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM