<< キャリア62年、突然飛び込んできたデューク・エイセスの解散報道 | main | 島倉千代子さんの生まれ育った町・北品川〜本日放送の「駅メロものがたり」コーナーより〜 >>

単発ブログエッセイ「爆笑!!ハッスルばあちゃんの事件簿〜ああ、聞き間違い…英会話でトンチンカン・コミュニケーション!?〜」

0
    今年に入ってから隔月でお送りしてきた単発ブログエッセイも、今回が3回目。

    そこでは、母方の祖母(通称、ハッスルばあちゃん)が巻き起こす爆笑エピソードを綴ってきましたが、さてさて、今回のハッスルばあちゃんは、どんなエピソードを提供してくれるのでしょう?

    皆さまにも、ちょっぴりおかしな言動に出てしまう、ユーモア溢れたハッスルばあちゃんの世界を大いに楽しんでいただきたいと思います。
    では、どうぞご覧ください。

    〈ある日、いつものようにスーパーへ買い物に出かけていったハッスルばあちゃん。

    その帰り道、1人の外国人女性が突然近づいてきたかと思うと、英会話の苦手なハッスルばあちゃんをターゲットに、道を尋ねてきたのである。

    しかしながら、ハッスルばあちゃんには、いったい何を言っているのか、さっぱり分からない。

    案の定「この外国人、エライ早口で喋らはる人やなぁ〜。何言うてるか、さっぱり分からへん。え!?黒柳徹子が、どないしたんや?」という始末。

    どうやら、その女性は「Excuse me.Can I get to the bus stop?(すみません、バス乗り場はどこにありますか?)」と尋ねたようなのだが、ハッスルばあちゃんは何を勘違いしたのか、それが「Excuse me.黒柳徹子さんですか?」と声をかけられたように聞こえたようなのだ。

    そんなハッスルばあちゃんは、外国人女性相手に悪びれもせず「残念やなぁ〜。私はただの一般人やから芸能人と違うねん。しかも、私は黒柳徹子やないから、サインしてあげれへんねん。堪忍な。」と、かなりトンチンカンな返答に…。

    一方の外国人女性は「Oh,no.I say “Can I get to the bus stop?”(ああ、困った。私は「バス乗り場はどこにありますか?」と尋ねているのに…。)」と困り顔で埒があかず…。

    と、そこへハッスルばあちゃんにとってのお助けマン…いや、お助け小学生が現れたのだった。
    その正体は…何とハッスルばあちゃんのひ孫(男の子)!!

    学校帰りに2人が会話しているところに遭遇し、何とかしてトンチンカンなやり取りを食い止めようと思ったのか、その外国人女性を相手に助け船を出したのである。

    小学校の総合学習の時間に英会話を教わっている彼は、「これぐらい朝飯前!!」といった表情で、「Go straight and turn left.OK?(まっすぐ行って左です。分かりましたか?)」と会話し、相手の女性からも「Oh,thank-you.」と感謝されたので、これにて一件落着か?

    と思いきや、ハッスルばあちゃんはひ孫に「あんた、あんな早口な喋り、よう聞き取れたなぁ〜。ばあちゃん、外国人があんなに早口で喋らはるとは思ってへんかったから、バス乗り場を聞いてはったのに聞き間違えて、自分が黒柳徹子やと思われてると勘違いしてしもたぐらいやからな。これやから英会話は好かん!!あ〜あ、もうちょっと若いうちから、早見優や西田ひかるがやってた英会話レッスンのテープ聞いといたから良かった…。」と、1人まくし立てるように話し続けるのだった。〉

    いかがでしたか?明日で94歳になるハッスルばあちゃんの爆笑エピソードですが、もともと好奇心が強い祖母ではあるものの、やはり英会話への挑戦は、祖母自身の戦争体験があるからか、どうも英語への抵抗があるようで、未だに実現に至っていません。

    けれども、ちょっぴりトンチンカンな英会話のやり取りで、ハッスルばあちゃんの世界がさらに面白いものになったのではないかなぁ〜と感じています。

    そんなハッスルばあちゃんに、1日早いですが「94回目のお誕生日おめでとう!!」とブログを通じて言うことにします。

    ハッスルばあちゃん、まだまだ100歳まで長生きしてね!!

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.03 Sunday
      • -
      • 17:27
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      章さん、久々のブログコメント、どうもありがとうございました!!

      うちの母方の祖母は、やはり戦時中に「英語」イコール「敵国語」というイメージを植え付けられてしまったせいか、どうも英会話に対する抵抗があるようです。

      ただ、もともと好奇心が強い祖母だけに、そうした概念を取っ払ってしまえば、年齢に関係なく英会話教室にも抵抗なく行ったりするかもしれません。
      それが、ちょっぴり楽しみな私です。

      章さんも、ぜひ英会話をマスターして、そこから外国人の方々との会話を楽しんでみてはいかがでしょうか?
      私も応援しています。
      • ハッスル・レディー
      • 2017/06/05 10:39 AM
      こんばんは〜(^0^)
      遅くなりましたが
      ハッスルばあちゃんお誕生日おめでとうございます。
      お元気そうでなりより!(^0^)
      私も英会話やろうかなァ〜〜〜(笑)
      • 2017/06/04 9:47 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      selected entries
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM