<< これが最後…天皇陛下のお言葉を拝聴できた「新年一般参賀の儀」のテレビ中継 | main | シリーズ企画「平成生まれの世代に知ってもらいたい31人の輝かしきレジェンド達◆楚茲聞掌佑短劵織ぅ廚世辰申性漫才師・内海好江さん〜」 >>

シリーズ企画「平成生まれの世代に知ってもらいたい31人の輝かしきレジェンド達 措磴明るい歌声を響かせ続けた歌手・藤山一郎さん 〜」

0
    平成の時代が終わりを告げようとする中、今月から4月までの4ヶ月間は、「平成生まれの世代に知ってもらいたい31人の輝かしきレジェンド達」というタイトルで、シリーズ企画と称したものを書くことにしました。

    とは言いましても、この4ヶ月間で挙げていく方々は既に鬼籍に入られているけれど、私が子供の頃からテレビなどで大いに楽しんだ思い出を持つ方ばかりであるだけに、非常に思い入れが強い方々でもありますので、これをご覧いただいている平成生まれの皆さまにとって、そうしたレジェンド達を知っていただく良い機会となれば…と感じています。

    まず、第1回目にお届けするのは、亡くなる前年まで大晦日の「NHK紅白歌合戦」の最後に登場して、長らく「蛍の光」の指揮者を務められた藤山一郎さんです。

    一昨年(2017年)からは、作曲家の都倉俊一先生が、故・平尾昌晃先生の後を引き継いで「蛍の光」の指揮者を務めておられますが、私が子供の頃の「蛍の光」の指揮者といえば、この方でした。

    藤山さんは1911年(明治44年)生まれでしたが、テレビに登場されても非常に青年のような若々しさで、その時の実年齢(70代後半〜80代前半)を全く感じさせなかったという点では、今でいう加山雄三さんのような感じで、とにかくハツラツとしていらっしゃいましたね。

    そんな藤山さんは東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の出身で、歌手としてのキャリアも非常に長く、同学校在学中の1931年(昭和6年)に、本名ではなく偽名(藤山一郎)を使ってレコーディングした曲が大ヒットしたのを機に、世に知られるようになったのですが、テレビやステージでは必ずといって良いほど明確に歌われていたので、年配の方にとっては「何を歌っているのかサッパリ分からない。」なんてことが無いほど、歌詞を大切にハッキリと歌われていた方でした。

    そうした中から生まれた名曲が沢山あり、中でも数年前に流れたCMで、木村拓哉さんやマツコ・デラックスさんが石川さゆりさん・矢野顕子さん・PUFFY等と「♪お〜か〜を〜、こえ〜て〜ゆ〜こうよ、ま〜す〜み〜のそ〜らは、ほ〜がらか〜に晴〜れ〜て〜、楽し〜い心〜」と歌っていた「丘を越えて」は、藤山さんの代表作の1つです。
    平成生まれの方々も、CMを通じて同曲の存在を知った…という方々が多いのではないでしょうか?

    他に、平成生まれの方々が耳にしたことのある藤山さんの名曲といえば、やはり数年前にトリンドル玲奈ちゃんがCMで歌っていた「青い山脈」や、小学生の頃の夏休みには、毎回必ず参加するのが当たり前となっていた「ラジオ体操」のテーマ曲(ラジオ体操の歌)も、そのうちの1つではないでしょうか?

    「ラジオ体操」に参加するたびに「♪あ〜た〜らし〜い、あ〜さがきた、き〜ぼ〜うの、あ〜さ〜だ」という歌い出しで始まるこの曲を記憶している方も多いかと思いますが、実は、これを作曲されたのが藤山一郎さんなんですよ。

    平成生まれの方々が今後、このテーマ曲を耳にする機会がありましたら、かつて藤山一郎さんという歌手の方がいた…ということを思い出していただきたいものです。

    ちなみに、私が藤山一郎さんを知るきっかけになったのは、まだ小学4年生の時で、この方が国民栄誉賞を受賞された時なんです。
    その時の藤山さんは、既に80代に入っていらっしゃったのですが、何とベートーベンの「歓喜の歌」を無伴奏(すなわちアカペラ)で歌われたので、「すごい人だ…。」と子供心に感じたものでした。

    それから1年近く、藤山さんがテレビに登場するたびに、画面に釘付けになってしまったのですが、いつも若々しい雰囲気の方だったとはいえ、いつまでも生き続けられたわけではありませんでした。

    藤山一郎さんは、1993年8月に82歳で急死されたのです。
    これは、私が小学5年生だった時の夏休みの話で、ちょうど亡くなられる1週間前に、NHK総合で放送されていた「思い出のメロディー」に出演していらっしゃった姿をテレビで見ていた私は、何が何だか分からぬまま、藤山さんの訃報を受け止めた覚えがあります。

    もう、藤山一郎さんが亡くなられて4半世紀が過ぎてしまいましたが、名曲は永遠に残りますし、時代を超えてCMに起用されたりもしていますので、小学生の頃に藤山さんの名曲に触れる機会に恵まれた私としては、非常に嬉しく思っています。

    平成から次の元号に変わった後も、藤山さんの名曲が永遠に歌い続けられていくことを願っている私です。

    さて、次はどんなレジェンドを取り上げようかな?
    どうぞお楽しみに…。

    私ハッスル・レディーと、テレビやステージで歌う際には、常に明確な歌詞をハッキリ伝えながら若々しい歌声を披露していらっしゃった歌謡界のレジェンド・藤山一郎さんとの、素晴らしき出会いに…乾杯!!

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.03.15 Friday
      • -
      • 16:37
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>
      PR
      selected entries
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM